【要確認】キャッシングで信用が下がるのを防ぐための方法とは!?

  • キャッシングで信用が下がると、何が困るの?
  • キャッシングの申し込みだけでも、信用って下がっちゃうのかなぁ?
  • 個人の信用が下がらないようにする、対策ってあるの?

 

キャッシングの審査をする女性スタッフ

 

キャッシングのデメリットとして語られることが多い、信用情報について…。

 

あなたは、どのくらい理解していますか?

 

キャッシングを申し込みしただけで、信用情報に傷がついてしまう…。

 

そんな風に感じている方も多いようですし、ネット上にはそのように公言されている方もおられます。

 

実際のところ、どうなのでしょうか?

 

このページでは、キャッシングで信用が下がるのを気にしている方の為に、分かりやすく役立つ知識をまとめています。

 

  • キャッシングで信用が下がるのは嫌だ!
  • 昔、キャッシングしたことがあるけど、転職に影響しちゃうのかなぁ?
  • こんど住宅ローンを組みたいんだけど、消費者金融から借りたことあるのってマイナスなのかな?

 

様々な心配や疑問を持たれている方も多いことでしょう。

 

心配するサラリーマン

 

知らないことに対する不安は、不思議と膨らむばかりです…。

 

余計な不安や心配、罪悪感を持つことで、間違った選択をしてしまう恐れがあります。

 

もしもあなたが、「キャッシングで信用が下がるのは嫌だ」とか、「信用が下がるのを防ぐ方法を知りたい」と思われているのであれば、今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

アイフル公式≫
24時間、365日、最短10秒での振り込みが可能です。WEBからも申込なら最短1時間で融資が可能です。メアドとウェブ明細の登録で、初回の人には借り入れ翌日より最大30日間無利息サービスも受けられます。 10秒簡易審査で気軽に診断が可能です。WEB完結申込なら郵送物がカットできるだけでなく、本人や会社への電話確認もカットできます。Tポイントが貯まるローンカードを持つことも可能です。 初めての方なら契約日翌日より最大30日間の無利息サービスが適用可能です。最短30分審査ですし、ウェブから24時間365日いつでもお申込みが可能となっています。事前に融資が可能かどうか調べる1秒診断サービスも利用可能です。

 

【前提知識】そもそも信用情報とは何なのか?

 

信用情報について、知っておきたい前提知識をご紹介します。

 

  1. 信用情報機関の役割とは?
  2. 信用情報機関で保持される情報の種類とは?
  3. なぜキャッシング審査の際に参照されるのか?

 

信用情報機関の役割とは?

 

信用情報機関とは、ローンやキャッシング申込者の基本情報、各種ローンの利用状況、利用履歴などの客観的な取引事実を詳細に保持することを役割としています。

 

多くの信用情報機関は、銀行や消費者金融、クレジット会社が共同で出資することで運営されており、様々な業種の会社が信用情報機関の「会員」として加盟しています。

 

  • 信販会社
  • 百貨店
  • 各種クレジット会社
  • リース会社
  • 保険会社
  • 保証会社
  • 消費者金融
  • 携帯電話会社

 

加盟している会社は、本人の承諾のもと、信用情報を参照することが可能となっています。

 

キャッシングを申し込む際には、申込書の中に信用情報の参照を許可する旨が記載されており、そのことに同意した上で申し込む流れとなっています。

 

  • JICC【鞄本信用情報機構】
  • KSC【全国銀行個人信用情報センター】
  • CIC【潟Vー・アイ・シー】

 

信用情報機関の役割として、簡単に説明すると以下の通りです。

 

  • 支払い能力に応じた適正な融資を実現するため
  • クレジットやローン取引の促進のため
  • 支払い不能者の増加を未然に防ぐため

 

申込者の過去のクレジットヒストリーを参照することで、与信管理・返済能力があるかどうかを判断する重要な指標となっています。

 

信用情報機関で保持される情報の種類とは?

 

具体的に、信用情報機関が保持している個人の信用情報は以下の通りとなります。

 

  • 氏名・生年月日・電話番号などの属性情報(個人情報)
  • 勤務先情報
  • 契約の内容(契約会社名・契約日・商品名・支払い回数など)
  • 支払い情報(残債額・返済履歴・滞納・延滞・延滞解消日など)

 

過去にどういった金融商品やサービスを利用したのか、またその際の返済状況なども記録されています。

 

なぜキャッシング審査の際に参照されるのか?

 

キャッシング会社からすると、申込者に貸し出しして、利息を含めて返済してもらうことで利益を得ています。

 

そのため、返済能力がある人に貸すことが前提となっているわけですし、返済能力がない人には絶対に貸したくないのが本音です。

 

返済できる見込みのない人にお金を貸すことは、キャッシング会社からすると損失を増やすだけの行為となってしまいます。

 

過去の金融活動の履歴を参照することは、借入希望者の信用情報を事前に知ることができます。

 

そのため、キャッシング会社は申し込み者の信用情報を必ず確認するというわけです。

 

キャッシングの履歴が信用情報に反映されるタイミングとは?

 

信用情報機関の情報の更新タイミングは、基本的に月に1回となっています。

 

信用情報機関で更新日を指定しているのではなく、各キャッシング会社やクレジット会社のほうで更新日を設定しています。

 

ただし、申込情報や契約成立、返済状況の情報などは、多重債務者を未然に防ぐためにもすぐに反映すべき情報です。

 

年収の3分の1以上の貸し出しを禁止している「総量規制」という法律にも影響してくる情報となるため、非常に反映のタイミングが早くなっています。

 

キャッシング会社に申込をした場合には、当日もしくは翌日までには、これらの信用情報が反映・登録される決まりとなっています。

 

実際には、キャッシング会社が個人の信用情報を参照したタイミングで、これらの緊急性のある情報については登録が実施されています。

 

ただし、完済や解約をした情報などは融資判断としては重要視されていないため、即日での登録はされず各金融機関の任意とされています。

 

そのため、1か月の更新のタイミングなどに反映されることが多いようです。

 

信用情報の反映タイミングについては、公表していない機関もあります。

 

利用者としては、申込や契約の情報はすぐに信用情報機関に登録され、キャッシング会社間で共有されていると思っておいた方が無難でしょう。

 

短期間で一気に複数社に申し込むなどの行為は、すぐに知られてしまいますし、その場合は「申込ブラック」といった判断で審査落ちの原因となってしまうので注意しましょう。

 

信用情報の反映タイミングのまとめ
  • 基本的に月に1回の情報更新である
  • 過剰貸し付けを防ぐために重要な情報については即時登録されている

 

【履歴削除】キャッシングの履歴はいつ消える?

 

キャッシングを完済しても残り続ける履歴について、どの程度の期間が経てば情報機関から情報が削除されるのでしょうか?

 

結論からいうと、情報機関によって多少異なりますが、キャッシングした履歴(契約や返済状況など)は基本5年間は保持されるルールとなっています。

 

  • 延滞
  • 滞納
  • 債務整理
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 自己破産

 

返済延滞や債務整理などの金融事故(ブラックリスト)に関しては、もう少し長い期間保持されることになります。

 

例えば、延滞だと解消されてから1年から5年程度、それ以外の任意整理や自己破産などの場合には5年から10年間と言われています。

 

ここで1点だけ注意点があります。

 

それは、キャッシング会社への残債を完済した後に、そのままにしているといつまでも情報が残り続けることになる点です。

 

どういうことかというと、簡単な話が返済完了しただけでは解約したことにならない為です。

 

解約していない為に、キャッシングの履歴は削除されず、5年経っても残り続けることとなります。

 

例えば、住宅ローンを組む際などに昔キャッシングを利用したことがあるけど5年以上前の話だから問題ないかなと思っていると…。

 

実は完済しただけで解約はしていないために、現在進行形でキャッシング利用者とみなされてしまい、そのことが住宅ローンの審査に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

解約していないと、いつでも借りれる状態にあるため、やはり住宅ローンのような大きなローンの審査の際にはマイナスポイントと見なされる傾向が高くなります。

 

住宅ローンの申し込みを検討されている方は、残債がなければ解約しておきましょう。

 

信用情報に「解約」の履歴を残すことで、住宅ローンの審査に悪影響を及ぼすリスクを可能な限り排除しておきましょう。

 

きちんと情報機関に解約した記録が反映されているのか心配な場合には、消費者金融から「完済証明書」を発行してもらいましょう。

 

完済したときに無料で発行してもらえますので、取得しておくと住宅ローンの審査の際に求められたとしても手間がかかりません。

 

信用情報機関に残った履歴は期間が経てば消えますが、キャッシング会社独自の情報はずっと残り続けます。

 

仮にキャッシング会社A社で滞納や延滞、強制解約などを行った履歴があれば、その情報はキャッシング会社A社には半永久的に残り続けることでしょう。

 

そうなると、以後はA社での新規申し込みの成立は見込まれません。早い話が「出禁」というわけです。

 

キャッシングを申し込むだけでも信用情報は下がるのか?

 

基本的に、キャッシングを申し込んで利用したという事実だけで信用が下がることはありません。

 

何事も100%はありませんので、絶対に信用が下がることはないとは言い切れませんが、基本的には利用しただけで信用が下がることはないといわれています。

 

ただし、延滞や返済不能、強制解約といった金融事故に関しては、マイナス影響があることは避けられないでしょう。

 

キャッシングで事故を起こしたことで、信用が下がるというよりも信用ゼロに近い状態になるといったほうが正確でしょう。

 

これらの金融事故を起こしてブラックリスト化している信用情報については、基本10年間は新たな融資契約などが組めません。

 

信用情報機関にブラックリスト化した情報が残っている限り、新たな信用取引は不可能です。

 

ちなみに、既にキャッシングサービスを解約している場合などは、一切キャッシングの履歴がない人よりも信用情報は高くなることもあります。

 

延滞せずに問題なく返済した実績があることが、信用情報を下げるどころか逆に上げる事があるのです。

 

いずれにしても、キャッシングを利用しただけの事実で、信用が下がる心配は必要ありません。

 

ちなみに、お金の借り入れだけでなく、信用情報機関には携帯会社も加盟しています。

 

そのため、携帯(スマホ)を割賦で購入した際に、その返済を延滞してしまった履歴も情報機関には保持されています。

 

キャッシングを利用したことで信用が下がることはなくても、携帯代を滞納すると信用は間違いなく下がりますので注意しましょう。

 

キャッシングで信用が下がると困ることとは?

 

「キャッシングで信用が下がると、就活や転職でも悪影響がでるんじゃないの?」

 

こういった心配をされている方が、思いのほか多いのようです。

 

しかし、実際には就活や転職などの活動において、あなたの過去のキャッシング履歴などが問題になることはありません。

 

本人の承諾なしに信用情報を参照することは不正ですので、基本的に就活などに影響することはありません。

 

ただし、滞納したキャッシング会社に就職希望する場合などの特別な場合には、顧客名簿や自社保有の情報が残っていることから採用に悪影響を及ぼすことはあり得るでしょう。

 

一般企業が、就職希望者の情報を信用情報機関に問い合わせる事はありませんので、仮にあなたがキャッシングで信用が下がるような行動をしていたとしても心配する必要はありません。

 

では、実際にキャッシングにおいて信用を下げてしまった場合に、どういった時に悪影響を被ることになるのか?

 

基本的に信用が下がることで悪影響を受ける行動としては、信用取引に限られます。

 

信用取引とは、その人が持つ信用によって取引を行うものであり、キャッシングやクレジットカードなど各種ローンが主な行動となります。

 

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • クレジットカード契約
  • キャッシング契約
  • 携帯分割払い契約
  • 賃貸契約

 

とにかく、新たにお金を借りるような行為全般的に、契約締結が事実上不可能となります。

 

【信用情報開示】自分で信用情報を確認する方法とは?

 

じつは個人の信用情報は、本人であればいつでも開示することが可能です。

 

実際に自分の信用情報を開示することによって、自分がブラックかどうかを確認することができるメリットがあります。

 

信用情報開示には、若干の手数料が発生します。

 

JICC【鞄本信用情報機構】、KSC【全国銀行個人信用情報センター】、CIC【潟Vー・アイ・シー】のいずれの機関も約1,000円の開示手数料が発生します。

 

ネットや郵送、窓口での開示が可能となっており、CICとJICCに関しては窓口での情報開示だと500円と少し割安いとなります。

 

直接本人が請求する「本人開示請求」であれば、基本的に本人確認書類と手数料だけで開示することが可能です。

 

例えばJICCとCICであれば、PCやスマートフォンでの開示請求の場合、電話番号の確認と手数料をカード払いにするだけで開示することが出来ます。

 

KSCの場合は、PCやスマートフォンからの情報開示が受け付けられておらず、原則として郵送のみの対応となります。

 

こういった手続きは、すぐに司法書士や弁護士に依頼した方が早いのではと考えがちですが、信用情報の開示に関しては個人でやってしまうほうが費用も安く手っ取り早く終わらせることが出来ます。

 

また、信用情報開示を行うことで発生するデメリットとしては、手数料が発生することくらいです。

 

【結論】キャッシングで信用が下がるのを防ぐ方法とは?

 

ここまでお読みいただいた方なら、すでに理解されていることでしょう。

 

ずばりキャッシングで信用が下がるのを防ぐ方法とは、規則を守ってキャッシングを利用することです。

 

キャッシングを利用しただけで、信用が下がることはありません!

 

返済日を守って利用していれば、信用が下がるどころか逆に、信用取引においては信用が上がることもあるくらいです。

 

計画的に利用して返済できる能力があるとみなされるからです。

 

そのため、キャッシングを利用する際には以下の点に注意しましょう。

 

  • 必要な額だけ借りる
  • 返済日を確実に把握しておく
  • 利便性の高い大手キャッシング会社を利用する

 

必要な額だけ借りることや、返済日を把握しておくことは当然ですね。

 

ただ、金融機関によっては返済方法が制限されていて不便だったり、返済日を失念してしまいやすいようなサービスもあります。

 

大手のキャッシング会社であれば、返済方法も多彩に準備されているため不便さを感じる事もありません。

 

また、アプリや管理画面、メール配信などのサービスを利用すれば、返済日を失念してしまうリスクも極限まで減らすことが可能です。

 

また、返済が可能な時には返済日を待たずに先に返済する随時返済や一括返済をすることで、利息を抑える事もできます。

 

返済方法に制限がある会社の場合は、決まった日にしか返済ができないなどの不都合な点が多々ありますので、キャッシングするなら大手をお勧めします。

 

まとめ

 

このページを読む前は、こういった疑問を持たれていたのではないでしょうか?

 

  • 「キャッシングを申し込みたいけど、信用が下がるのではないか…」
  • 「昔キャッシングを利用したことがあるけど、住宅ローン申し込めるかな…」
  • 「キャッシングすると信用情報に傷がつくんじゃないの?」

 

すでにお分かりの通り、キャッシングを利用するだけで信用が下がるといったことは基本的にありません。

 

キャッシングをするだけで、落伍者のレッテルを貼られるようなイメージを持つ必要は一切ないので安心してください。

 

私も最初に消費者金融の無人契約機に入ったときは、とてつもなく緊張しましたし、引き返せないようなことをしているのではないかと無駄に焦っていたのを覚えています。

 

当時は社会人になりたてでしたし、世間知らずでしたが、間違ったところから借りなくて本当に良かったと今でも思っています。

 

借りる必要がない人は一切利用する価値がありませんが、借りる必要がある人は計画性を持って利用すれば保証人も担保もなく貸してもらえるため、非常に有益なサービスだといえます。

 

もしもあなたが、新しくキャッシングを申し込みたいとお考えなら、今すぐ以下をクリックして大手のキャッシング会社を確認しましょう。

 

このページの先頭へ戻る